2013年12月11日水曜日

学芸祭高等部Aグループの発表で生徒とレコでスクラッチプレイ

だいぶ前になってしまいまいたが、11月下旬に学芸祭がありました。

高等部の、Aグループの発表のヘルプは毎年、要請されてお手伝いしています。

今回の発表は山下洋輔作の絵本「つきよのおんがくかい」が題材のため、BGMは山下洋輔のJAZZでした。
私がヘルプを頼まれたのは、生徒と一緒にコロムビアのポータブルレコードプレーヤーでスクラッチプレイをするというものでした。

レコはjeff beckのblow by blowのLPを45回転にして再生し、生徒の手をレコに触れさせ、ストップさせたり、前後にスクラッチしてグニュグニュな音を出したり。

それに合わせて他の先生がセミアコでブルーじーな音を出すというものでした。

スクラッチした生徒が堂々としていたので、素晴らしかったです。

スイッチ教材ではないけれど、こういった楽器?に直接触れさせるというのも大事とういうか、生徒にとっては何やってるかがよくわかるなあと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました