2012年5月19日土曜日

セガレにチャレンジやらせてみたが

セガレにベネッセのチャレンジの課題わやらせてみました。

さんすうのパズルを置くのは形が崩れるとヤル気をなくすので、のりではらせました。

視覚支援はされているのですが、絵や色がゴチャゴチャしすぎて、逆に集中できないような気がします。


ここれは小学校の教科書にも言えます。

チャレンジの担者や教科書会社の方はもう少し視覚の勉強したほうが良いのでは

特総研での三月の研修会で教わったステッドラーの鉛筆なかなか良いです。




0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました