2013年7月27日土曜日

カミサンがYajic先生の記事を担任に渡す


セガレと同じ学級に言葉をうまく喋れない子がいるのでどうしたらいいか、カミさんに聞かれたのでVOCAというのがあることを伝え、slide.vol3のyajic先生の記事を見せました。

カミさんは証券業界にいた人なので、特別支援教育には門外漢。VOCAをVOKAと検索して、なかなか見つからないと言っていました。

セガレの障害が分かってからはいろいろ知識をみにつけてきています。

先日、セガレの担任との個人面談がありました。
私も行きたかったのですが、仕事で行けませんでした。
そのの個人面談でカミさんははslide.vol3のyajic先生の記事をコピーして担任にわたしてしまったそうです。

支援級にはなかなか支援機器を置いているところが少ないようです。
この学校にもATやAACのことを啓蒙せなあかんなと思っています。

セガレは支援級に行っていますが、普通級にいてもおかしくはないぐらいのボーダーなので支援級の中ではいろいろでき過ぎて逆に浮いた存在みたいです。

セガレは普通に喋られるのですが、まわりの子とコミュニケーションがとりにくいみたいなので、可能かどうか分かりませんが、セガレに(周りの子とコミュニケーションとるために)視覚支援の仕方を教えようかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました