2013年10月12日土曜日

ワンキーマウスとスクリーンキーボードとかな文字入力

昼休みの休憩時間にワークサンプル幕張版のOA訓練版でパソコン入力を頑張ってる生徒がもう一人加わりました。

ワンキーマウスを使っている生徒です。

PCにスクリーンキーボードを出してカーソルで文字を入力するのですが、Windows7の標準のスクリーンキーボードは使いません。
理由は大きさがデカすぎるからです。



スクリーンキーボードが大きい分、カーソルを動かすのに時間がかかってしまいます。
なのでIMEパッドの小さいスクリーンキーボードを使用しています。

また文字数の多いローマ字打ちも余計時間がかかってしまいますので、あえてひらがな文字入力をしています。


その生徒の自宅のPCは携帯のように漢字の予測変換機能があるようで、その方がさらに変換する時間を省略することができます。

ただ、学校のPCはその機能があるのかどうか、よく分かりませんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました