2014年5月19日月曜日

45分の個別学習でiPadとスイッチ教材を使用

先日、学習支援アドバイザーに入ってもらい、担当児童と個別学習をしました。,

なかなか個別学習を45分間やり続けることな重度重複学級ではなかなか難しい、というか
いままでそんなに長くやったことはありません。

しかもアドバイザーにずっと見られっぱなしというのは、集団授業よりもかなり緊張します。

この個別学習ではiPadを主に使用しました。

自分の受け持っている学級は抱っこで気持ちが安定する子が多いので、最初は抱っこしながら手遊び。

3年、現場を離れていたので、なかなかよい手遊び歌が思いつかず、

わお!てあそび うた プレイヤー28のfreeバージョン

の「このゆびパパ」に合わせて指を伸ばす遊び をしました。

そのあとは抱っこしたままま、「紐スイッチにオーボールをつけたもの」と「ラッチ&タイマー」「スモールワールドの曲が出る教材(教材製作アドバイザーの教材を借用)」を連結したものを使用。

紐スイッチを随意の力では引っ張るのが難しい場合、オーボールを児童の指にひっかけてあげて、スイッチON/OFFは大人が教材の方を引っ張って入れてあげます。(抱っこしているので教員は片手でしか操作できません。)


スモールワールドの曲に合わせて歌いながら抱っこで揺らし遊び。

曲が終わると揺れを止めます。

それを繰り返してラッチ&タイマーで曲の長さを少しずつ長くしたり、時間の変化をつける。

その中でいろいろな表情が出てきます。

表情が出たらたくさんほめます。

自分でスイッチを押すことが難しかったり、スイッチの因果関係が分からなかったりする 場合にはこういった使い方もあるのではないでしょうか?

そのあとは車椅子にすわってもらいiPadに触れてもらいました。

やはり自分では手が届かないし、動かせない場合は大人がiPadを子どもの手に触れさせます。

手が顔の方まで動かせない場合、子どもは画面は見えませんが、音だけでも楽しむことができます。

使ったアプリは

iLoveFireworks Lite/打ち上げ花火


Cause and Effect Sensory Sound Box
を使用しました。

学習アドバイザーからは目で見させるのも大事なので、手元でスイッチ操作してiPadの画面は目で見える位置にもっていた方がよいとのアドバスを受けました。

その場合はiPadタッチャーがよいなと思いました。(できiPadだと感覚あそび系アプリは使えなかったような・・・)

直接触れて音を聞くのも、スイッチを押しながら画面を見るのも、どちらも継続していこうかなと思います。






3 件のコメント:

  1. はじめまして、もろQ先生。私も支援学校で教員をしており、いつも実践を参考にさせて頂いています。
    随分前のことですが、2012年に先生が書かれた「DANCING CHICKENの改造」について教えて頂きたいことがあります。
    この記事で先生は棒スイッチで玩具の電源をON/OFF切り替えしていましたが、あのスイッチはどうやって作られたのでしょうか?
    通常の棒スイッチでは押している間しか玩具は動かないと思うのですが…
    担当している子に同じことをさせたいのですが、スイッチを押し続けるのは難しいお子さんなので先生と同じスイッチを作ってみたいと思っています。
    もしよろしければ、作り方を教えて頂けないでしょうか?

    返信削除
  2. 言の葉さん

    コメントありがとうございます。

    DANCING CHICKENには手(羽根)のところにON/OFFのスイッチがあり、そこにミニジャックとケーブル線を半田づけしています。

    このスイッチは1回目押すと押し続けなくてもずっと音楽が切れるまで動き続けます。音楽が鳴っている途中で2回目押すとOFFになり止まります。

    そのようなオモチャの仕組みなので、棒スイッチでは1回目押すと押し続けなくても動き、その次に押すとOFFになります。

    スイッチは普通の棒スイッチです。
    オモチャがそういう仕組みになっているだけです。

    ダンシング系のオモチャは大体このような構造になっています。
    電動ワンチャンだと押し続ける必要があります。

    言の葉さんの担当しているお子さんの場合はラッチ&タイマーを使うとよいです。
    それかダンシング系のオモチャを探すとよいかもしれません。
    以下のオモチャはDANCING CHICKENと同じ仕組みのはずです。
    http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%BC-%E6%9F%90%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%86%E3%82%A3%E7%95%AA%E7%B5%84%E3%82%81%E3%81%A1%E3%82%83%E2%97%8B%E3%82%B1%E7%99%BB%E5%A0%B4%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%EF%BC%89/dp/B003X1Z1LG/ref=sr_1_10?s=toys&ie=UTF8&qid=1401011300&sr=1-10&keywords=%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

    返信削除
    返信
    1. ご教授ありがとうございます。なるほど、おもちゃの仕組みの問題だったんですね!
      ラッチ&タイマーが職場にあるので試してみます。ラッチ&タイマーは高価で数に限りがあるので、自作してみたいと思うのですが…
      まだまだ初心者で、製作手順もわからないので難しそうです。いずれチャレンジしてみたいと思います。
      本当にありがとうございました。

      削除

このガジェットでエラーが発生しました